地方での一夜の相手

自分は地方に住んでいるから、セックスフレンドを作るのは無理だ、と考えている人はいませんか。
確かに都会のほうが人も多いですし、セフレができそうなイメージがあります。
ですが、地方だからと言って、あきらめる必要はありませんよ。

■出会うなら地方で?

正確には自分の住んでいる土地で出会うのが理想です。
気分が高まる時は決まっているわけではありませんし、セックスフレンドが必要なのはその時なのですから、いつでも会いに行ける距離がいいわけです。
また、都会のほうが人が多いし、セフレも簡単にできそうだというイメージをお持ちもの方もいるかもしれませんが、東京の女性はガードが固く作るのが大変だという話もあります。

■どうやって出会うの?

簡単に思いつくのはやれるアプリでしょうか。
都道府県や地域別に検索をすることもできますから、自分が住んでいる場所の近くの人と出会うこともできます。
問題はどのやれるアプリを使うのか、使うやれるアプリにはどういう人が多いのか、そもそも女の子いるのか、といくつも出てきますが、家にいながらにしてセックスフレンドを探すことができるのは大きな利点でしょう。

土地によっては、外を歩いてもなかなか好みの子を見つけることができないということもあるでしょうから、一つの有効な手段といえます。
もしも、やれるアプリを使う場合には、いくつかのアプリを並行して使うことをお勧めしておきます。
そのほうが単純にセフレに出会える確立も上がりますからね。

ほかには居酒屋で声をかけることでしょうか。
この時にはチェーン店ではなく、地域密着型の居酒屋のほうが近所の子と出会える可能性が高くなります。
一人で飲んでいる女性に「一緒に飲みませんか?」と声もかけやすく、相手もお酒を飲んでいるからお持ち帰りがしやすいみたいです。

2対2でも大丈夫かもしれませんが、その場合相手と別れたり、もしかしたら女性2人分の代金を払わないといけなかったりと考えることが多いので、1対1で飲んでそのままホテルへという流れがベストです。
地方で夜に遊ぶところが少なければ、居酒屋に来る女の子も増えるでしょうし、出会える可能性はそこそこ高いと思います。

■都会でない利点は必ずある

例えば遊ぶ場所が少ないこと。行ける場所が限られたら、そこに行くだけでいろいろな女の子がやってくるでしょう。
好みの女の子を見つけるという点から見ても悪いことではなく、都会の人よりも警戒心が薄い子が多いため、声をかけやすいということもあります。

セフレにかけるお金はどれくらい?

セックスフレンドとホテルに行ったときに必ずかかってくるのが、ホテル代です。
割り切った関係で、食事や買い物と行ったデートは全くせずにホテルに直行したとしても、これだけは確実に発生してきます。
恋人が相手だったら無理をしてでも男性が払おうとする場面が多いかと思いますが、セフレ相手だったらどうなのでしょうか。

■決まった答えは存在しない

結論から言ってしまうと、それぞれで違う、ということになります。
お互いに納得して割り勘なら割り勘をするわけですが、さすがにこれでは味気ないので、もう少し細かく見ていきましょう。
見るポイントとして、まずは年齢です。

男女関係なく年上が全額または高めに払うことが多いようです。
こういった場面で例えセフレであっても、相手が女性だからプライドとして多く出したい男性もいるとは思いますが、その場合でも女性が年上だった場合には何かと理由をつけてお金を出すそうです。
年下の場合そもそも払えるだけの余裕がない、という場合もあります。

それから、どちらが呼び出したかで変わる場合もあるみたいです。
セフレですからしたいと思ったときに、相手を呼び出します。つまりは自分の都合です。
そう考えた場合に、呼び出した側、誘った側が全額払うという取り決めをしている人たちもいます。
自分が呼び出しておいて、お金も払わないのは申し訳ないと感じるわけですね。

あとは完全に割り勘というパターンもあります。
セックスフレンドとは割り切った関係で、別れるときには後腐れなくしたいですから、割り勘にして常に対等にいようとするわけです。
また、どちらかがどちらかに遠慮することなく、セックスを楽しめるという意見もあるようです。

あとはデート代とホテル代で交代に払う人などもいて、本当に多種多様といえます。

■セフレとのお金どうするべきか

いっそ初めに決めておいたほうがいいかもしれませんね。
セックスフレンドとは要するにセックスを一緒に楽しむための友達なわけですから、お互いがお金を気にせずに楽しめる方法を模索したらいいのだと思います。
金の切れ目が縁の切れ目ではありませんが、金銭面でもめてしまった場合、セフレとして続けていくことも難しいでしょう。

■お互いが納得することが大事

女性の社会進出が増えて、必ずしも男性のほうがお金を持っているわけでもなくなってきました。
以前なら男性が払うべき、と言われていたことも割り勘になることが多くなり、時代によっても金銭の感覚は違っています。
大事なのは周りに言われたことではなくて、当人たちが納得しているかではないでしょうか。